忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





2017/06/28 16:07 |
携帯電話のバッテリーを長持ちさせるには?
通常、携帯電話のバッテリーは使わずに放っておくと、自然に少しずつ放電する自己放電という現象が見らるのですが、携帯のリチウムイオン電池の自己放電率は5%/月と非常に低い値ということも特徴のひとつで、これは、たとえばニッカド電池やニッケル水素電池の5分の1以下です。

つまり携帯電話のバッテリーに使われるリチウムイオン電池は、一度充電しておけば、そのまま使わなくても、数ヶ月は、そのまま再充電せずに、問題なく使用できるということです。

とはいえ、携帯電話のバッテリーのリチウムイオン電池も他の電池と同じように、いっぱいに充電した状態で何もせずに放置しておくと劣化していってしまったり温度が高い場所では劣化していってしまったりということもありますので、携帯電話を、長期間使用しないような場合は、やはり、涼しい場所で保管したほうがよいです。

たとえば、家に帰ったときに多くの方は、携帯電話を充電ホルダーに立ててそのまま眠ったりするわけですが、こうしていると充電が完了したあとに、携帯電話のバッテリーの方から電気を使い出すのが、リチウムイオン電池の特性です。

ですので、もしも、少しでもリチウムイオン電池を長持ちさせたい場合は、寝る前には、リチウムイオン電池が使われた携帯電話においては、電源を切っておいて充電すると、その分だけ充電が長持ちするようです。

携帯電話のバッテリーを長持ちさせるには?

通常、携帯の電池は使わずに放っておくと、自然に少しずつ放電する自己放電という現象が見らるのですが、携帯のリチウムイオン電池の自己放電率は5%/月と非常に低い値ということも特徴のひとつで、これは、たとえばニッカド電池やニッケル水素電池の5分の1以下です。

つまり携帯電話に使われるリチウムイオン電池は、一度充電しておけば、そのまま使わなくても、数ヶ月は、そのまま再充電せずに、問題なく使用できるということです。

とはいえ、携帯電話のリチウムイオン電池も他の電池と同じように、いっぱいに充電した状態で何もせずに放置しておくと劣化していってしまったり温度が高い場所では劣化していってしまったりということもありますので、携帯電話を、長期間使用しないような場合は、やはり、涼しい場所で保管したほうがよいです。

たとえば、家に帰ったときに多くの方は、携帯電話を充電ホルダーに立ててそのまま眠ったりするわけですが、こうしていると充電が完了したあとに、携帯電話の充電池の方から電気を使い出すのが、リチウムイオン電池の特性です。

ですので、もしも、少しでもリチウムイオン電池を長持ちさせたい場合は、寝る前には、リチウムイオン電池が使われた携帯電話においては、
電源を切っておいて充電すると、その分だけ充電が長持ちするようです。


↓↓↓今日の順位は何位かな?↓↓↓
にほんブログ村 携帯ブログ 携帯サービスへ
にほんブログ村
PR




2008/01/07 05:56 | Comments(0) | TrackBack(0) | 携帯電話のバッテリー
携帯電話のバッテリー小知識
現在、携帯電話のバッテリーに使われている電池は、リチウムイオン電池といって、携帯電話のバッテリーに使われるリチウムイオンは、電圧が平均3.6~3.7Vというようにたとえば同じようなニッカドやニッケル水素電池などに比べ約3倍の電圧があり、軽くて大きな電力を持っていることが特徴です。

携帯電話のバッテリーのリチウムイオンは、現在、携帯電話、ノートパソコン、ビデオカメラ、デジタルカメラなどに使われていて、もはや携帯電話のバッテリーを代表とする、モバイル機器になくてはならない電池なのです。

6、7年ほど前までの携帯電話のバッテリーは、リチウムイオンではなく、ニッケル水素という電池が携帯電話器の一部のモデルで使われていたみたいなのですが、以前、携帯電話器に使われていたニッケル水素電池では、いわゆる「携帯電話器の継ぎ足し充電を繰り返すと電池自体の容量が減ってしまう現象が起こっていました。

これを「メモリー効果」というようだ。

しかし、ニッカドやニッケル水素電池と違い、携帯電話のバッテリーで今主流のリチウムイオンは、使いたいときに使い、充電したいときに充電するという、いわゆる「継ぎ足し充電」が可能なのが大きな特徴です。

だから、携帯電話のバッテリーでよくある話で、「使い切ってから充電しないと電池のためによくない」と言う人がいますが、実は、この話はリチウムイオンにはあてはまらないのです。

↓↓↓ブログランキングに参加してます↓↓↓
にほんブログ村 携帯ブログ 携帯サービスへ
にほんブログ村



2008/01/06 18:05 | Comments(0) | TrackBack(0) | 携帯電話のバッテリー

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]